「周囲がざわつく真実をみんなの前で言えるか」がビジネスパーソンの価値を決める 【箕輪厚介×北野唯我】

「周囲がざわつく真実をみんなの前で言えるか」がビジネスパーソンの価値を決める 【箕輪厚介×北野唯我】

「周囲がざわつく真実をみんなの前で言えるか」がビジネスパーソンの価値を決める 【箕輪厚介×北野唯我】の画像

発売2ヵ月で10万部を突破したベストセラー『転職の思考法』著者の北野唯我さんと、NewsPicksBook編集長として数々のヒット作を手がけながら、8/28には自らの著作『死ぬこと以外かすり傷』(発売前にして3刷3万部、Amazon総合ランキングでも1位を獲得)を書き上げた幻冬舎の箕輪厚介さん。
今最も勢いのあるアラサービジネスマン二人が「個人の価値が問われる時代」をテーマに対談!その様子を全3回にわたってお送りします。
初回は仕事中に「空気を読み合う」のが旧サラリーマン「真実を言う」のがネオサラリーマン、という新しい区分が飛び出して……?
構成:篠原舞 撮影:池田実加(ともに箕輪編集室)

■「本当のことを言えるかどうか」が、新旧サラリーマンの分岐点になる

箕輪:『転職の思考法』読みました!全然違う本に見えて、これ、僕の『死ぬこと以外かすり傷』とメッセージは一緒ですよね。僕はただひたすら「飛べ!」って言って行動を促してるけど、北野さんの本はその「飛ぶ方法」をエピソードをもとに解説してる。

北野:そうなんです。目指すところは似ていますよね。たとえば、共通して扱っているのが、いかに「仕事の中で本当のことを言うか」というテーマ。ふだんTwitterを見てても思うんですが、箕輪さんって本質的には「本当のことを言うとはどういうことか」を世に問う存在ですよね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)