マンションのモデルルームがお客を契約へと誘う用意周到なカラクリ

その際、販売員はお茶を濁すはずだが、その理由は明快だ。モデルルーム仕様にするのに、1000万円以上も余計なお金がかかっているからだ。6000万円のマンションをモデルルーム仕様にすると7000万円以上なので、その価格では買う人はいなくなってしまう。

 前述のように、業者にとって1戸1000万円のデコレーションや億を超える販売センター建設の費用は、新築マンションのように数十億以上の売り上げが上がる事業規模があるからこそできることなのだ。もちろん、そのコスト以上の効果があるからやっているわけであり、そうしたリスクを負っていない部外者がその是非を語ることではないだろう。同じ立場になったら、誰でもそうする可能性は高い。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)