日本人が知らない 謎の「世界最高峰IT研究所」に潜入

日本人が知らない 謎の「世界最高峰IT研究所」に潜入

日本人が知らない 謎の「世界最高峰IT研究所」に潜入の画像

日本人はほとんど知らないが、コンピューターサイエンスの世界におけるノーベル賞クラスの人材がゴロゴロいる、世界最高峰の研究所がある。毎年、1兆円規模の研究開発費が投資される、IT関係者にとって垂涎の研究機関だ。世界中からトップクラスの頭脳たちが集まり、多くの研究を行っている。近年話題のAI技術も、ここから生まれたものが多い。未来の震源地となる、この研究所の実態とは?3000人以上を取材したブックライターの上阪徹氏が、日米幹部への徹底取材で同社の全貌を描きだす新刊『マイクロソフト 再始動する最強企業』から、内容の一部を特別公開する。

■世界最高峰の研究所「マイクロソフト・リサーチ」とは?

 第7回でシアトル郊外のマイクロソフト本社での働き方を紹介したが、アメリカ本社での仕事という視点で、もうひとつ、マイクロソフト・リサーチを紹介しておかねばならない。

 アメリカはもちろん、全世界のIT関係者、とりわけ研究者にとっては垂涎の存在ともいえるのが、マイクロソフト・リサーチだからだ。マイクロソフトが作り上げた研究所である。

 驚くべきは、その投資額。マイクロソフトは、他のIT関連企業に比べても圧倒的に多い。それこそ医薬品会社くらいのスケールで、研究開発に投資をしているのだ。

 前年度の実績でいえば、売上高の実に14%。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)