ホリエモンが年3回まわりから「意味不明」と言われることをやる深い理由【箕輪厚介×北野唯我】

ホリエモンが年3回まわりから「意味不明」と言われることをやる深い理由【箕輪厚介×北野唯我】

ホリエモンが年3回まわりから「意味不明」と言われることをやる深い理由【箕輪厚介×北野唯我】の画像

発売2ヵ月で10万部を突破したベストセラー『転職の思考法』著者の北野唯我さんと、NewsPicksBook編集長として数々のヒット作を手がけながら、8/28には自らの著作『死ぬこと以外かすり傷』(発売前にして3刷3万部、Amazon総合ランキングでも1位を獲得)を書き上げた幻冬舎の箕輪厚介さん。
今最も勢いのあるアラサービジネスマン二人が、「個人の価値が問われる時代」をテーマに対談!その様子を全3回にわたってお送りします。
最終回では、キャリアのプロの北野さんが『転職の思考法』をベースに箕輪さんのキャリアを分析しました。
構成:篠原舞 撮影:池田実加(ともに箕輪編集室)

■キャリア形成の源泉は「飽きる力」

北野:キャリア形成の観点からみても、箕輪さんはユニークですよね。『転職の思考法』では、自分のマーケットバリュー(市場価値)を高めるために「20代は専門性、30代は経験、40代は人的資産でキャリアを作れ」と書きました。「専門性」は誰でも学べば獲得可能であり、年を取るほど差別化しづらくなる。一方で、『経験』は汎用化されにくい。だから、20代は専門性で、30代以降は経験をとりにいけ」と。でも、箕輪さんは20代のうちからいきなり見城徹さんや堀江貴文さんなど大物を口説いて経験を取りにいった。

箕輪:確かに。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)