保守的な中間管理職を必ず動かす方法

保守的な中間管理職を必ず動かす方法

保守的な中間管理職を必ず動かす方法の画像

優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

■中間管理職の動かし方

 いろいろ考え、ひらめいたプランを持っていったとき、「イノベーションを起こせ」「新しい企画を出せ」と普段から口うるさい上司に、こう言われたことはありませんか?

「このプランで確実に成功する保証はあるのか?」
「この数字の根拠は?徹底的に調査したのか?」
「わが社が勝てる優位性はあるのか?」

 しかし、ここであきらめてはいけません。イノベーションまでいかなくとも、新しいとり組みをラクに実現させる方法を教えます。

 それは「お客様を連れてくる」ことです。

 新しいとり組みを考えるとき、話を通したいときは、先にお客様を見つけてしまいます。しっかり外堀を埋めてから、決定権者に「このお客様を失う責任を負ってもいいということですね?」と詰め寄るのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)