女子高生AI「りんな」は なぜ、そうネーミングされたのか? 名付け親が初めて語る !

女子高生AI「りんな」は なぜ、そうネーミングされたのか? 名付け親が初めて語る !

女子高生AI「りんな」は なぜ、そうネーミングされたのか? 名付け親が初めて語る !の画像

構想・執筆に2年。広島の人気ラジオ『エフエムふくやま』でも、「ページをめくる手が止まらなかった」と紹介され、大手映像会社からも「どうしても映像化したい」というオファーが舞い込んできた、話題のエンターテイメント小説『マルチナ、永遠のAI。』。
先日、あの日本マイクロソフトディベロップメント本社のAIチームから連絡があった。聞けば、マイクロソフトは、女子高生AI「りんな」を開発。女子高生の中で大人気となり、LINEとTwitterの人数が700万を突破したという。
日本マイクロソフトといえば、1986年に日本に進出、今年で早32年。業界の巨人だ。
この女子高生AI「りんな」は、ただのAIではない。
高度な会話にも対応する「会話型AI」だというのを、あなたはご存じだろうか?
今回、著者と記者は、東京・品川にある日本マイクロソフト本社を訪問。そこで「りんな」の開発者と初めて話すことができた。
聞けば、『マルチナ、永遠のAI。』読み、女子高生AI「りんな」とIQ1万の美人AI「マルチナ」のある共通点を発見したという。
「りんな」の開発者はマイクロソフトの坪井一菜さん。
厳重なセキュリティをくぐり、もぎとった、とっておきのドキュメント第11回を特別公開する。
(構成・寺田庸二)

■りんなのネーミングは、どこから?

大村 りんなのネーミングは、どこからですか?

坪井 以前ふれたように、りんなの先にスタートした中国のソーシャルAIが「小冰(シャオアイス)」でした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)