私と仕事、どっちが大事なの?と 言われたときの正しい答え

私と仕事、どっちが大事なの?と 言われたときの正しい答え

私と仕事、どっちが大事なの?と 言われたときの正しい答えの画像

テレビCMの長さは通常15秒です。人は、他人の話を聞いて、覚えているのはキーワードのみ。ですから、ひとつのメッセージは15秒以内に、そして最初から、伝えたいキーワードを決めて話す。これを知っているかどうかで、仕事のパフォーマンスが違ってきます。
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊『相手のキャラを見極めて15秒で伝える!』から、内容の一部を紹介します。

■「私と仕事とどっちが大事なの?」の正しい答えとは?

Q.「私と仕事とどっちが大事なの?」
×「もちろん、お前が大事だよ」
×「お前も仕事も大事だよ」
○「そんなことを言わせてごめんね」

時代を超えた永遠の問い。「私と仕事とどっちが大事なの?」
この問いに真正面から答えて良い結果を生むことはありません。

「もちろん、お前が大事だよ」と答えると、「だったら何でいつも仕事を優先させて私のことを放っておくの?絶対うそよ!」となるでしょう。「お前も仕事も大事だよ」なんて、調子の良い答えを言ったら最後です。
「どっちも大事なのは分かってるよ!でも、あなたは仕事のことしか考えてないんでしょ?頭の片隅に私のことが少しでも入っているの?嘘ばっかり!」と火を噴きます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)