あなたがちっとも幸せになれないのは「正解」ばかり探しているから

あなたがちっとも幸せになれないのは「正解」ばかり探しているから

写真はイメージです Photo:PIXTA

一生懸命働いて、たくさんお金を稼ぎ、欲しいものを買い揃える…。そうした価値観は誰かに刷り込まれたものではないか。その先に幸福感や満足感はあるのか。本当に満たされた人生を送るためのヒントを本田直之氏の『何を捨て何を残すかで人生は決まる』(青春出版社)から抜粋して紹介する。

■「5:3:2:2」

 この数字はわたしの1年の過ごし方を表しています。5ヶ月ハワイ、3ヶ月東京で過ごし、2ヶ月を日本の地方、2ヶ月はヨーロッパやアジア、オセアニアなど、世界を旅しています。仕事と遊びと旅と生活の境目は年々曖昧になり、場所や時間に縛られず、仕事をしながら遊び、遊びながら仕事ができるライフスタイルに近づいています。

 講演などでこんな話をすると、「いいですね」とか「経営者だからできるんですね」といった感想が返ってくることが少なくありません。でも、本当にそうでしょうか?

 こういうライフスタイルは、日本の常識で考えると難しいものでしょうか? その常識とはなんでしょう。誰が作ったのでしょう。その平均的な暮らしは自分ではない誰かにとって都合がよいことではありませんか?

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)