西友、楽天と組んで進出するネットスーパーの中身をトップが語る

西友、楽天と組んで進出するネットスーパーの中身をトップが語る

西友が米ウォルマートの完全子会社になってから約10年がたつ Photo:DOL

2008年4月に西友が米ウォルマートの完全子会社になってから約10年がたつ。同社は楽天と組み、他社に先駆けてネットスーパー事業を開始した西友は今後、どう成長していくのか。今年2月にCEO代行に就任、実質的な日本のトップとなったミッチェル・スレープ氏に聞いた。(『ダイヤモンド・チェーンストア』編集部 阿部幸治、浦佑介)

■重点施策はネットスーパー楽天との提携も順調

──西友の現状をどう捉えていますか。

 まず、2018年はウォルマートが西友を完全子会社化して10年の節目の年です。この10年間、西友は売上高を伸ばし続けました。また、直近4年間は既存店売上高もプラス成長を続けています。

──特に重点的に取り組まれたのは何でしょうか。

 ネットスーパー事業です。配送センターを効率的に活用することで、ネットスーパー事業を伸ばしてきました。この事業が成長したことで、既存店売上高にもプラスの影響を与えています。

 今年の下半期には楽天との提携で、「楽天西友ネットスーパー」という新たなビジネスも始まりました。こういった取り組みはすべて17年から種をまき始めていました。西友と楽天は考え方が似ており、われわれはともに国内ネットスーパーのリーディングカンパニーを目指しています。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)