男も女も知らないと、異性と上手く話せない?男女の生物学的な違いとは

25年の時を経て、名著『ベスト・パートナーになるために』待望の続編『一人になりたい男、話を聞いてほしい女』が8月30日に刊行されました。家庭、職場、恋愛……あらゆる場面で異性間コミュニケーションは必須です。男女が上手に付き合うために必要なことを生物学的に、あるいはコミュニケーションの観点から考え続けてきたグレイ博士の最新の考えを同書から紹介していきます。

■男はテストステロンがすべての活動にかかわる

テストステロンは、男性の若々しさや健康、活力、集中力、記憶力、気分の安定、性欲などに深く結びついている。男性にとって良いものは、すべて健全なテストステロンレベルと関連していると考えてもいいくらいだ。

男性の健康にとって、テストステロンの安定した分泌は重要だ。だがテストステロンは、ストレスにさらされ続けると減っていく。その結果、男らしさが女らしさによって抑えられ、さらにテストステロンが枯渇してしまう。テストステロンが多すぎたり、エストロゲンが少なすぎたりすると、男性はストレス症状に対して脆くなってしまう。

以下に、慢性的なストレスを感じている男性に見られる一般的なストレス症状を挙げる。
男らしさを取り戻さない限り、これらの症状はこの順序で顕在化していくことが多い。

1 意欲の低下
2 無関心
3 頑固
4 不機嫌
5 怒りと苛立ち
6 変化への抵抗
7 妻への性欲の低下(ポルノ中毒になりやすい)
8 気分の激しい変化
9 不安
10 絶望
11 攻撃性

これらの症状が見られたら、男性は女性的な活動から一時的に離れ、男性ホルモンの分泌を刺激する活動に集中すべきだ。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)