タイプ別コミュニケーションで さらに人が動いてくれる!

タイプ別コミュニケーションで さらに人が動いてくれる!

タイプ別コミュニケーションで さらに人が動いてくれる!の画像

テレビCMの長さは通常15秒です。人は、他人の話を聞いて、覚えているのはキーワードのみ。ですから、ひとつのメッセージは15秒以内に、そして最初から、伝えたいキーワードを決めて話す。これを知っているかどうかで、仕事のパフォーマンスが違ってきます。
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊『相手のキャラを見極めて15秒で伝える!』から、内容の一部を紹介します。

■同じ言葉でも、響く人、響かない人

一言で相手の共感を得ると言っても、そんなに簡単なことではありません。
同じ言葉を掛けたとしても、その言葉に響く人と、響かない人がいます。

Aさんとはすごく相性が良いけど、Bさんのようなタイプは苦手という経験は誰にでもあるでしょう。

人にはいろいろなタイプがあります。そのタイプによって、得意不得意、好き嫌いが分かれます。親しい相手ではなくても、10分相手の話を聞いているとどんなタイプかがわかってきます。

ここでは、相手のタイプに合わせたクロージングのケースをご紹介します。

【ガツガツタイプ】→自分で決めさせる

×「お客様の求めていることを考えると私のおススメはこちらです」
○「情報は全てお伝えしましたので、後はお客様にお任せします」

このタイプは、誘導はしても、最後は自分で決めないと納得しません。

?自分が主導権を握りたい
?影響力を発揮したい
?積極的に攻め、競争心を持ちやすい
?上昇志向が強い
?自ら切り開く力がある

営業でバリバリ成績を挙げるタイプや、人の上に立つ人に多いタイプです。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)