更地賃貸なら、固定資産税の負担はさほどない

更地賃貸なら、固定資産税の負担はさほどない

更地賃貸なら、固定資産税の負担はさほどないの画像

すでに新築しても満室運営するには困難な時代に突入した。金融緩和の影響で、今まで不動産に興味がなかった人が不動産投資に参入を始めた。このままでは消耗戦だ。「戦わずして、勝つ」方法はないものか? 『激安!「空き地」投資』の著者が、更地賃貸の魅力を語る。

■固定資産税は100坪で年数万円の世界

 更地賃貸では建物がないので、固定資産税が高いのではないかと懸念する人もいるが、大丈夫だ。

 元々、土地が安い場所を貸しているので、100坪で年間数万円の世界だ。市街化調整区域なら数千円だ。

 賃料を考えると、許容範囲だ。

 建物があると、土地の固定資産税は減額されるが、今度は建物に税金がかかる。また、建物のローンの支払いがある。

 結局は、国家に税金を支払うか、銀行に金利を支払うか、あるいはその両方でしかない。

 どんな不動産でも、いったん所有すれば、支払いからは逃れられない。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)