北海道地震、停電は阪神・淡路大震災を超える規模に

北海道地震、停電は阪神・淡路大震災を超える規模に

6日未明、札幌市内では停電のため、警察官が手信号で交通整理していた Photo:AP/AFLO

9月6日午前3時過ぎ、北海道厚真町で「震度7」を観測した。震度7について、気象庁は「立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れにほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある」と定義しており、観測されたのは2016年の熊本地震以来で6回目。ちなみに震度階級関連解説表では震度7が最高で、それを超える「震度8」は存在しない。気象庁が想定し得る最大の揺れだったということだ。気象庁は「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」と命名した。北海道すべての約295万戸が停電するという異常事態になり、7日正午頃までに半数近くが復旧したが、全域の復旧には少なくとも1週間かかる見通しで、市民生活には深刻な影響が出ている。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

■ススキノのネオン沈黙

 北海道警の発表などによると、大規模な土砂崩れや家屋倒壊などの甚大な被害が出ている。政府や北海道警などによると、7日正午頃までに16人の死亡が確認され(7日夕方には、官房長官が死者9人と心肺停止7人と訂正)には、26人の安否が依然として不明。負傷者は360人以上に上った。いずれも増えるとみられる。

 札幌市に単身赴任していた40代の団体職員男性が地震発生時の恐怖を語った。

「ドン」という地面からから響くような音とともに、突き上げるような大きな衝撃でベッドから跳ね飛ばされた。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)