『石ノ森章太郎の物語』で描かれたリアルな漫画家人生、姉や手塚治虫も登場

『石ノ森章太郎の物語』で描かれたリアルな漫画家人生、姉や手塚治虫も登場

手塚治虫や石ノ森章太郎らが描く伝説の漫画は、木造アパート「トキワ荘」から生まれた Photo:PIXTA

【おとなの漫画評 Vol.4】            
『石ノ森章太郎の物語』石ノ森章太郎
2018年8月刊 三栄書房

『石ノ森章太郎の物語』は1998年に60歳で亡くなった石ノ森章太郎のアンソロジーである。2018年は没後20年、生誕80年のアニバーサリーイヤーのため、テレビドラマやさまざまな書籍が出版され、石ノ森章太郎の漫画家人生が改めて注目されている。

 テレビドラマは8月25日に放映された「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」(日本テレビ)で、中島健人が石ノ森を、林遣都が赤塚不二夫を演じて話題となった。

■なぜ石ノ森作品の女性は美しいが、常に哀しみをたたえているのか

 さて、本書がユニークなのは、石ノ森本人が登場し、漫画家人生の節目を描いた作品を編んだところにある。1960年代から90年代に発表された15本だ。最後の4本は明らかに創作だが、11本は自伝的な作品である。

 手塚治虫、赤塚不二夫、藤子不二雄A、藤子・F・不二雄、石ノ森章太郎らが住んでいた伝説的な木造アパート「トキワ荘」を描いた小品が多いのは当然だろう。

 石ノ森は宮城県佐沼高校在学中に手塚治虫のプッシュでデビューする。高校卒業後に手塚が住んでいた東京都豊島区のトキワ荘に住むことになるが、病気治療を兼ねた美しい姉が同居した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)