「35歳までにリーダーを経験していない」ことが転職の「足枷」になりうる理由

「35歳までにリーダーを経験していない」ことが転職の「足枷」になりうる理由

北野唯我(きたの・ゆいが)
兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年ハイクラス層を対象にした人材ポータルサイトを運営するワンキャリアに参画、サイトの編集長としてコラム執筆や対談、企業現場の取材を行う。TV番組のほか、日本経済新聞、プレジデントなどのビジネス誌で「職業人生の設計」の専門家としてコメントを寄せる。2018年6月に初の単著となる『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』を出版。

「このまま、今の会社にいて大丈夫なのか?」
「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」
ビジネスパーソンなら一度は頭をよぎるそんな不安に、発売2ヵ月で10万部を突破したベストセラー『転職の思考法』で、鮮やかに答えを示した北野唯我氏。
今回は、30代の一級建築士の方のキャリアのお悩み相談に、公開でお答えする。
※北野氏がパーソナリティを務めるVoicy「そもそもラジオwithT」の収録内容をもとに編集。
(構成:井上慎平 テキスト起こし:ブラインドライターズ)

■「専門性も経験もないまま30代を迎えてしまった」問題

初めての書籍『転職の思考法』の刊行から2ヵ月がたった。ありがたいことに多くの人に読まれているようで、知人からキャリアの相談を頂くことが一段と増えてきた。
個別に対応することはできないが、せっかくなので、今回は公開でお答えしたい。

DMで相談を頂いたその方は30代の女性。一級建築士の資格を取り、設計の仕事をしているが、キャリアについてある「悩み」を抱えているという。いわく、30代になったのに「専門性」と「経験」、どちらも身についていないというのだ。

補足すると、『転職の思考法』の中では、キャリアについて「20代は専門性、30代は経験、40代では人脈をとれ」とアドバイスしている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)