新生サッカー日本代表は3歳も若返り、予想以上の世代交代は吉と出るか

新生サッカー日本代表は3歳も若返り、予想以上の世代交代は吉と出るか

9月7日、森保ジャパンのメンバーが約200人のファンやサポーターと撮った集合写真 写真:JFA提供

最大震度7を観測した北海道胆振東部地震の発生を受けて、7日に札幌ドームで予定されていたチリ代表との初陣が中止となった新生日本代表。舞台を大阪・パナソニックスタジアム吹田に移し、11日のコスタリカ代表戦に臨む森保ジャパンの顔ぶれは、日本中を熱狂させた先のワールドカップ・ロシア大会で躍動した西野ジャパンから一新され、23人の平均年齢もちょうど3歳若返った。東京オリンピック世代となるU‐21日本代表監督も兼任する、森保一新監督(50)が進めていくチーム作りの意図を、札幌の地における経験を踏まえながら紐解く。(ノンフィクションライター 藤江直人)

■北海道で大地震が発生したその時、日本代表選手たちはどう過ごしていたか

 電気が止まり、真っ暗闇となったホテル内の階段を壁伝いにゆっくりと降りていく。いつ余震が襲ってくるかも分からない恐怖に駆られながら、日本代表の選手たちは努めて冷静さを保ち、一緒に階下へ向かっていた他の宿泊客たちに優しく声をかけ続けた。「大丈夫ですか」と。

 6日午前3時8分に発生した、最大震度7を観測した北海道胆振東部地震。最新のFIFAランキングで12位の強敵チリ代表と札幌ドームで対峙する、新生日本代表の初陣となる7日のキリンチャレンジカップ2018へ向けて、3日から札幌市内で合宿を行っていた選手たちもパニック状態に陥った。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)