海外の和食店から引き合い殺到、茨城の木桶醤油が高くても売れる理由

海外の和食店から引き合い殺到、茨城の木桶醤油が高くても売れる理由

江戸時代から変わらぬ製法を守り抜くという伝統的なイメージとは裏腹に、世界40ヵ国に輸出するほど海外進出を進める柴沼醤油醸造とは?写真は同社の柴沼社長と醤油づくりの木桶

■関東の3大醤油醸造で1軒だけ生き残った老舗企業

 茨城県土浦市に本社を置く元禄元年(1688年)創業の老舗、柴沼醤油醸造(年商10億円、従業員数60名)は、杉の木桶を使った伝統的な製法を守り抜く一方で、世界40ヵ国に輸出し、海外売上高比率が15%に達するほど積極的な海外展開を進めている。

 18代目の柴沼秀篤(38歳)は、海外販売を推進するために、2017年7月に柴沼醤油インターナショナルを設立、年間で半年弱も世界を飛び回っている。

「先週はカンボジアでラーメン店を経営しているという日本人オーナーから電話があり、柴沼の醤油を使いたいと注文がありました。もともと、オーストラリアのシドニーでラーメン屋を経営していたときに柴沼醤油を使っていたそうです。カンボジアは初出荷だったので、いま輸出できるようにスキームをつくっています」と柴沼は語る。

 国内では木桶仕込みで醤油を醸造するメーカーはほとんど消え、伝統製法を用いながら調味料も含めて年間生産量200万トン規模を維持している柴沼醤油は、トップクラスである。

 そもそも土浦は野田、銚子と並ぶ関東の3大醤油醸造地だった。土浦醤油は「常陸(ひたち)もの」と呼ばれ、珍重された。醤油のことを「お下地(おしたじ)」と呼ぶのも「おひたち」が、なまったものと言われている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)