「自分の意見をゴリ押しする人」を一瞬で黙らせるテクニック

「自分の意見をゴリ押しする人」を一瞬で黙らせるテクニック

「自分の意見をゴリ押しする人」を一瞬で黙らせるテクニックの画像

優秀なエリートには共通点がある。彼らは「真面目に、我慢して、一生懸命」ではなく、「ラクして速く」をモットーに、効率よく結果を出し続けている。まじめさと仕事のパフォーマンスは比例しない。24年間で5万人以上のクビ切りを手伝い、その一方で、6000人を超えるリーダー・幹部社員を選出してきた松本利明氏の新刊、『「ラクして速い」が一番すごい』から、内容の一部を特別公開する(構成:中村明博)

■大事なことは、仕事を前に進めること

 会議・打ち合わせをラクに速く進めるには、ノートでメモをとるより、ホワイトボードを活用すべきです。メリットは4つあります。

(1)認識のズレを防ぎやすい
 打ち合わせをしている間、最初から最後まで一言一句逃さず集中し、すべてパーフェクトに暗記する必要はありません。話を聞きながら考えることもあります。それぞれの立場や主観が違うので思い違いをすることもあるので、その場で確認してしまうのが一番。

 確認するときは「この内容でよろしいですね?」と念押ししましょう。目はホワイトボードに向いていても、「他のことを考え、心ここにあらず」の人が意外に多くいるからです。

(2)議事録が簡単につくれる
 ホワイトボードで確認した内容は議論の主要な論点と結論になります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)