会話をするときは「相手の両目を見てはいけない」

会話をするときは「相手の両目を見てはいけない」

Photo:PIXTA

言い方を少し変えるだけで、雑談もビジネストークも一瞬でスムーズになり、驚くほどうまくいくものです。このたび『ちょっと言いかえるだけ!気のきいた「話し方」ができる本』を上梓した話し方講師の櫻井弘氏が、「会話力」がみるみる上達する極意を、同書の中から紹介していきます。

■会話の主導権を握る7つのメソッドとは

 気心の知れた仲間との他愛ないお喋りは、とても楽しいものです。お互い適度に気をつかうことで自然に主導権が移り、話も盛り上がるのではないでしょうか。

 でも、少し形式ばった打ち合わせや会議、会合、さらには交渉事となると、なかなかそうはいきません。挨拶をしても、お互いに警戒心を抱いていたり、あるいは遠慮し合ったりで、話がなかなか前に進まないことも少なくありません。初対面の場合は、なおさらです。

 こんなとき、どう話の糸口を見つけ、盛り上げ、展開させていくか。その方法について知っておくのは、たいへん大事なことです。なぜなら、会話の主導権を握ることができ、話の流れを自分の思う方向に導くことも可能になるからです。

 そこで、私がこれまでの知見をもとにまとめたスキルを“櫻井メソッド”として、7つご紹介していきたいと思います。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)