【日本製紙】主力の紙・パが大幅な赤字転落、海外展開で出遅れ国内はジリ貧

【日本製紙】主力の紙・パが大幅な赤字転落、海外展開で出遅れ国内はジリ貧

【日本製紙】主力の紙・パが大幅な赤字転落、海外展開で出遅れ国内はジリ貧の画像

2011年春の東日本大震災で、石巻工場が壊滅的な打撃を受けたにもかかわらず、奇跡の復活を遂げた日本製紙。だが、今では業界全体の地盤沈下が進む中で、業績回復と信用回復の二つの難題に直面する。(「週刊ダイヤモンド」編集部 池冨 仁)

 長らく苦境にあえいでいた製紙業界ではあったが、この夏の期間だけは少々胸をなで下ろしたことだろう。

 今年8月10日に出そろった製紙大手5社の第1四半期決算(2018年4〜6月期)では、全メーカーが増収を果たしたのだ。最大手の王子ホールディングス(HD)が連結売上高3791億円(8.0%増)、2番手の日本製紙が2608億円(2.0%増)、段ボールが中心のレンゴーが1595億円(9.2%増)、大王製紙が1288億円(3.2%増)、北越コーポレーションが683億円(1.7%増)となった。

 総じて、折からの原燃料価格の高騰が一段落し、製品の値上げも進んだ。さらに、北越以外はインターネット通販の需要拡大により、段ボール関連の受注が好調で採算が大幅に改善することになった。

 ところが、四半期純利益に目を転じると、日本製紙のみが“独り負け”で、青息吐息が続く実態が浮き彫りになる。国内2強で比べると、中国や東南アジアなどの海外事業が伸びた王子HDが172億円(213%増)だったのに対し、日本製紙は65億円の赤字(前年同期は55億円の黒字)だった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)