医大入試の女性差別問題に絶望した人へ。 不透明な「小論文の採点方針」を プロ指導者が明確に示す!

医大入試の女性差別問題に絶望した人へ。 不透明な「小論文の採点方針」を プロ指導者が明確に示す!

本来の小論文の採点基準に男女差などない。

先日、東京医科大学の入試において、女性受験者などが不利になるような得点操作が行われていた事件が明らかになり、波紋を呼んだ。

本記事では、元NHKアナウンサーの小論文講師で、『全試験対応!直前でも一発合格! 落とされない小論文』の著者「ウェブ小論文塾」代表・今道琢也氏が、不透明に思われがちな「小論文試験の採点方針」を明らかにする。(構成:今野良介)

■小論文試験には明確な「採点方針」がある

先日、東京医科大学の入学試験で、女性受験者や複数年浪人を繰り返した受験者の点数を抑える操作をしていた問題が明らかになりました。報道によれば、小論文試験において得点操作が行われていたということです。

これを受けて、文部科学省が2018年9月4日に発表した、全国の医学部の入試状況に関する緊急調査の結果、全国の医学部のうち8割近くで男子の合格率が高かったことが示されています。また、東京医大を除く各大学は、女性や浪人生などに対する一律の点数調整や特定の受験者に対する加点などは「なかった」と回答している、と報じられました。

私が、小論文の指導者として、これまで数千枚の答案を見た限りでは、小論文の答案水準に男女差はない、といえます。

受講者の割合は、女性のほうが多いです。また、早い時期から申し込んで勉強に取り掛かる人には女性が多い傾向があり、女性のほうが熱心だといえそうです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)