枕営業の女性起業家から ヤクザに雇われた地下ディーラーまで、 怪しげなベンチャーバブルの世界

枕営業の女性起業家から ヤクザに雇われた地下ディーラーまで、 怪しげなベンチャーバブルの世界

枕営業の女性起業家から ヤクザに雇われた地下ディーラーまで、 怪しげなベンチャーバブルの世界の画像

超金融緩和がもたらすカネ余りを背景に、巨額の投資マネーが怪しげな企業に流れ込む。フェイクで強欲な奴らがバブル再来を謳歌する一方、貧困層は増大し、経済格差は広がるばかり。そのうえ忖度独裁国家と化したこの国では、大企業や権力者の不正にも捜査のメスが入らない──。
そんな日本のゆがんだ現状に鉄槌を下す、痛快経済エンターテインメント小説が誕生! その名も『特捜投資家』。特別にその本文の一部を公開します!

第1章 バブル、再び(4)

「若く見えるけど、もう30代半ばよ」

 富子は舌打ちをくれて言う。

「虫も殺さない可愛い顔して、やることはえげつないからね」

 大学時代は“ミスコン荒らし”で知られ、外資系銀行を経て、いまは求人情報ウェブサイト『ヒューマンエージェント』の代表として稼ぎまくっているのだという。

「営業スタッフは笑顔とアニメボイスが売りの、アイドル崩ればかりでね。アイドル大量生産、大量廃棄の時代、仕事にあぶれた若い女を言葉巧みに誘い、フルコミッション契約でこき使い、鼻の下を伸ばした客をブラック企業に押し込んで左団扇よ。いまや年収8億だもん」

 小柄できゃしゃなアイドルとは真逆の、クールビューティは憎々しげに語る。

「日本の男は根がロリコンだからああいうのが好きなのね。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)