本末転倒! 健康のための糖質制限で 人工甘味料を使うデメリットとは?

本末転倒! 健康のための糖質制限で 人工甘味料を使うデメリットとは?

Photo: Adobe Stock

現代人の脳には“毒”が溜まっている!
無意識に溜まった脳の“毒”を出して
脳がみるみる若返る食事法を紹介する
脳の若返りと認知症治療の専門医・白澤卓二医師が提案する衝撃の最新刊『脳の毒を出す食事』では、現代人の脳に溜まった毒を出し、脳の機能を上げる食事法を紹介している。
現在、認知症患者数は増加の一途。その発症を避けるには、40代からの脳のケアが大切だと著者はいう。本書では世界最新の医学で明らかになった認知症予防・改善策と、その研究からわかった脳のパフォーマンスを上げるために必要な食事を提案する。

■人工甘味料を避ける

主食の糖質を減らしたぶん、おかずの量や品数を増やしてエネルギーをとるのは正解ですが、おかずに果糖ブドウ糖液糖入りの調味料を多用しているとしたら本末転倒です。

加工食品の多くに使われているもっとも危険な人工甘味料が、果糖ブドウ糖液糖です。ドレッシングやぽん酢、焼肉のたれやめんつゆ、あるいは鍋の素、だしの素、フルーツジュース、清涼飲料水などの原材料表示を見てみてください。果糖ブドウ糖液糖とかブドウ糖果糖液糖と表示されていませんか?その正体はとうもろこしから作られる安価な甘味料です。ドレッシングは油と酢、塩で作れますし、めんつゆはだしにしょうゆとみりんを加えれば作れます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×