首都圏「中学受験2022」最新動向をチェック!キーワードは「共学化」

首都圏「中学受験2022」最新動向をチェック!キーワードは「共学化」

赤羽台の陸軍敷地跡に戦後開校した星美学園(東京都北区)。幼稚園から短期大学までそろう総合学園だが、中高以外はすでに共学化していた

2021年入試を振り返りながら、22年入試の注目校についてキーワードと共に考える。まずは21年に続き、22年も踏み切る学校が相次ぎそうな「共学化」から見ていこう。主として女子校が男子を新たに迎えるパターンだが、中には男子校が女子募集に踏み切る例もある。22年には23区内のカトリック校や仏教校も共学化する予定だ。(ダイヤモンド社教育情報)

■「共学化」で生き残りを図る

 2021年首都圏中学入試は、新型コロナ禍の影響がありながら、ほぼ前年並みの受験者を集めて盛況だった。その中で注目したいのが、共学化で人気となった私立中高一貫校である。

 中高一貫女子校が3校しかなかった千葉県で、松戸市の聖徳大学附属女子が21年から共学化、校名を光英VERITASとして再出発した。志願者状況を見る限り、延べで1000人近い志願者を集めており、女子校時代と比べてほぼ倍増している。

 JR常磐線沿線の系列に大学がある中高一貫校としては、同じ市内に専修大学松戸、柏市には芝浦工業大学柏、麗澤、二松学舎大学附属柏、江戸川を越えた茨城県取手市に江戸川学園取手がある。いずれも他大学進学を視野に入れた半付属的な進学校を目指しており、こうした系譜に連なることになった。なお、これで千葉県内に残る女子一貫校は、市川市にある国府台女子学院と和洋国府台女子の2校のみとなった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×