国民を苦しめる「花粉症」、山林からスギがなくならない理由とは

国民を苦しめる「花粉症」、山林からスギがなくならない理由とは

Photo:PIXTA

今年も春の花粉シーズンがやってきた。今や国民病ともいえる花粉症。くしゃみや鼻水で苦しむ人たちからすれば、花粉を飛散させるスギの木を切り倒してほしいというのが本音ではないか。なぜそれができないのか、林野庁に聞いてみた。(サイエンスライター 川口友万)

■治水対策と木材需要の急増でスギの人工林が拡大

「一般の方からもスギの木を刈ってしまえば、とのお話をよくいただきます。花粉が飛ばないために、今あるスギを刈り、その後に広葉樹を植えればいいじゃないかとも言われます」

 森林利用課課長補佐の神山真吾氏はそのように言う。

 だが、詳しくは後述するが、そう簡単にはいかないのには理由がある。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)