「ヒモ夫」と呼ばれる 冴えない中年男には、 上戸彩似の妻さえ知らない 秘めたる野望があった

「ヒモ夫」と呼ばれる 冴えない中年男には、 上戸彩似の妻さえ知らない 秘めたる野望があった

「ヒモ夫」と呼ばれる 冴えない中年男には、 上戸彩似の妻さえ知らない 秘めたる野望があったの画像

超金融緩和がもたらすカネ余りを背景に、巨額の投資マネーが怪しげな企業に流れ込む。フェイクで強欲な奴らがバブル再来を謳歌する一方、貧困層は増大し、経済格差は広がるばかり。そのうえ忖度独裁国家と化したこの国では、大企業や権力者の不正にも捜査のメスが入らない──。
そんな日本のゆがんだ現状に鉄槌を下す、痛快経済エンターテインメント小説が誕生! その名も『特捜投資家』。特別にその本文の一部を公開します!

第2章 逆張りの男(2)

 兵頭圭吾は倦んでいた。キッチンテーブルに呑みかけの缶ビールと枝豆。午後11時。ふう、と深いため息を漏らす。溜まった疲労に押し潰されそうだ。

 経営する学習塾『黎明舎』から徒歩5分。川越街道が近い住宅街に建つ築30年のマンション4階。夫婦ふたりには充分な広さの3LDK。8年前、30年ローンを組み、買った中古マンションである。月々の支払い12万円。あと22年。気が遠くなる。完済のときいくつだ? しこった脳みそで考える。68、かぁ。生きている自信など皆無だ。いまでさえ息も絶え絶えなのに。

「圭ちゃん、どうしたの」

 風呂から出てきた妻が問う。

「顔色、悪いね」

 髪を整えながら心配そうにのぞきこんでくる。

「どうってことない」兵頭は目をそらす。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)