ジブリアニメ「もののけ姫」に登場する「たたら製鉄」とは?

ジブリアニメ「もののけ姫」に登場する「たたら製鉄」とは?

Photo: Adobe Stock

火の発見とエネルギー革命、歴史を変えたビール・ワイン・蒸留酒、金・銀への欲望が世界をグローバル化した、石油に浮かぶ文明、ドラッグの魔力、化学兵器と核兵器…。化学は人類を大きく動かしている――。化学という学問の知的探求の営みを伝えると同時に、人間の夢や欲望を形にしてきた「化学」の実学として面白さを、著者の親切な文章と、図解、イラストも用いながら、やわらかく読者に届ける、白熱のサイエンスエンターテイメント『世界史は化学でできている』。発売たちまち4万部を突破し、池谷裕二氏(脳研究者、東京大学教授)「こんなに楽しい化学の本は初めてだ。スケールが大きいのにとても身近。現実的だけど神秘的。文理が融合された多面的な“化学”に魅了されっぱなしだ」と絶賛されたその内容の一部を紹介します。好評連載のバックナンバーはこちらから。

■『もののけ姫』の舞台

 鉄づくりの方法はオリエントから南回りでインドから江南(揚子江周辺地)経由で日本に伝わった。江南では青銅器が盛んにつくられていたが鉄づくりも行われていた。日本における鉄の生産が始まったのは、弥生時代の後半から末期頃だと推定されている。

 日本では「たたら製鉄」による鉄づくりが発展していく。たたら製鉄とは、炉内に原料と木炭を入れて火を付け、「ふいご」で送風して火力を高めて精錬する方法である。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×