ビッグデータがつくる治療から予防へのヘルスリテラシー

ビッグデータがつくる治療から予防へのヘルスリテラシー

ビッグデータがつくる治療から予防へのヘルスリテラシーの画像

平均寿命全国最下位の常連県である青森県の健康問題に取り組む、弘前大学の「岩木健康増進プロジェクト」。発足から12年、「短命県」の汚名を返上すべく、600項目にわたる網羅的な健診を延べ2万人以上の住民に対して行い、他に類を見ない健康ビッグデータを築き上げた。プロジェクトは、2013年には革新的な研究を文部科学省が支援する事業「COI(センター・オブ・イノベーション)」に採択され、同事業の中核を担うまでに至る。ビッグデータは健康・医療の世界にどんな変革をもたらすのか、弘前大学健康未来イノベーションセンター・副センター長の村下公一氏に話を聞いた。(聞き手|木村孝・三菱総合研究所 ICTイノベーション事業本部 本部長)

■600項目延べ2万人以上の健康ビッグデータ

――弘前大学COIがヘルスケアに関するビッグデータを収集し始めた背景をお聞かせください。

 弘前大学がある青森県は平均寿命がここ何十年、全国最下位というありがたくない記録を持っています。その主な要因は、いわゆる働き盛りの人たちが早死にしていることで、“短命県”青森が抱えるいちばんの問題点です。

 短命県という汚名を返上したい行政と、課題が明確なだけに研究しがいのある地域性に注目した研究機関が手を組み、スタートしたのが「岩木健康増進プロジェクト」です。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)

×