10年ぶりの独学でも英語がすらすら読めるようになる「スゴ本」厳選5冊

10年ぶりの独学でも英語がすらすら読めるようになる「スゴ本」厳選5冊

Photo: Adobe Stock

『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』が、17万部を突破。分厚い788ページ、価格は税込3000円超、著者は正体を明かしていない「読書猿」……発売直後は多くの書店で完売が続出するという、異例づくしのヒットとなった。なぜ、本書はこれほど多くの人をひきつけているのか。この本を推してくれたキーパーソンへのインタビューで、その裏側に迫る。
今回は特別編として、前回記事で登場した書評ブロガーDain氏と読書猿氏の「独学対談」が実現。英語学習に一家言ある両氏に、「大人が英語を“学び直す”ためのメソッド」を語ってもらった。(取材・構成/谷古宇浩司、編集/藤田美菜子)

■まずは「2万語」を目指す

Dain 僕が今、体系的に身につけたい知識は「認知科学」なんです。先日、(進化生物学を主なテーマとして扱う)shorebirdさんのブログで、ハーバード大学の心理学教授スティーブン・ピンカーが講義を無料で公開しているのを知って、喜んで見に行ったんですよ。

ところが、当たり前ですけど、ピンカー教授は英語でしゃべっていて、質問も英語だし、Power Pointの資料もすべて英語。言っていることはなんとなくわかるのですが、とにかくもどかしいんです。そのまま理解できないから。こんな宝の山がタダでネットに転がっているというのに、それに手が届かない。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)

×