マーケターとして、年収1000万円を超える人、超えない人の違いとは?

マーケターとして、年収1000万円を超える人、超えない人の違いとは?

キャリアのゴール、考えてる?

「仕事の面白さを重視しているので、お金にはさほど関心はないんです」−−これは、どんな業種・職種であれ、若い方に定番のリアクションでしょう。たしかに、新卒で働き始めてから2〜3年程度は、目先のお金の事は考えすぎずに仕事に専念するスタンスが重要です。しかし、20代半ばを超えても、自分のキャリアやお金のことを考えないままでいると、大きな機会ロスをする恐れがあり、ギアチェンジが必要です。マーケティング職としてステップアップしていく道筋のそのポイントをまとめた新刊『マーケティングの仕事と年収のリアル』から、マーケティング職の方はもちろん、より広い職種の方にも通じるテーマや関連する対談を本連載で紹介していきます。

■目指すゴール&年収目標は?

「マーケティング職として、あなたのキャリアのゴールは何ですか?」

 何とも答えにくい質問です。働いた経験がある方はお察しの通り、年齢を重ね、スキルや立場が上がって初めて見えてくる景色もあるからです。しかも、環境変化は激しくなるばかり。数十年先のゴールを現時点で決めるのは、そもそも無理があります。

 ただし、誰もが無関心でいられないのが「収入」ではないでしょうか。

 「自分は仕事の面白さを重視しているので、あまりお金に関心がないんです」

 これは、若い方と話していると出てくる、定番のリアクションです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)