韓国メディアで評価急落、「日本のコロナ対策」はどう報じられているのか

韓国メディアで評価急落、「日本のコロナ対策」はどう報じられているのか

都内の病院に掲げられたメッセージ Photo:Carl Court/gettyimages

■文政権は末期症状だが菅政権はどうなのか

 韓国は日本のことを強く意識しており、日本に負けたくないという気持ちが強い。韓国のマスコミはこうした背景から、連日、日本の出来事を自国のことのように詳しく報じている。

 韓国の文在寅政権はすでに末期症状を呈しており、「自画自賛」ばかりで「言い訳」や「開き直り」に終始している。都合よく事実を解釈する政権に対し、ダブルスタンダードを意味する「ネロナンブル」(私がやればロマンス、他人がやれば不倫)という言葉がはやるなど、韓国国民の間では不満が非常に高まっている。

 韓国のマスコミは、こうした自国の状況と対比し、日本国民も今の菅内閣に絶望感を抱いているのではないかとの見方を強めている。日本国民として極めて残念な状況であるが、それは現実でもあるように思われる。

 文政権は新型コロナ対策「K防疫」で感染を抑え込んだ成果で昨年の総選挙を勝利したことで独裁体制を確立し、文政権の人々やその支持者がますます勝手な行動を取るようになった。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)

×