健康そうなのに医療費40万円?老後資金を貯めたい脱サラ40歳の落とし穴

健康そうなのに医療費40万円?老後資金を貯めたい脱サラ40歳の落とし穴

Photo:photo AC

日本は社会保障が充実している国ですが、ときどき、健康保険や年金保険に加入していないという人がいます。サラリーマンをしていると毎月の給料から社会保険料が自動的に天引きされているので、年金に加入していない、保険料を納めていないということはまずないものですが、ずっと自営業であるとか、サラリーマンを辞めたあと「手続きが面倒くさい」「若いから入らなくても大丈夫」「年金なんて納めたってもらえない」といった理由で未加入のまま過ごしてしまう人がいます。本当に自分の身に「何か」が起こらない限り、その重大さに気が付かないのです。(家計再生コンサルタント 横山光昭)

■脱サラ40歳、健康そうなのに「医療費40万円」の理由

 1年ほど前に脱サラした40歳のKさんは、WEB関係の自営業をしています。40歳になったのを機にそろそろ資産状況等を確認し、将来の見通しを立てたほうがいいと思って、と家計相談に来られました。現在は独身で、賃貸住まい。仕事も波に乗り、収入も安定してきています。

 サラリーマン時代の退職金もあり、現在の貯金は約600万円。毎月の収支も黒字で、収入状況が変わらなければ毎月6〜7万円の余剰が出ると見込めました。貯金で生活防衛資金は賄えているため、これから先の余剰金は積立投資信託で運用しようとKさんは考え始めていました。積立投資のシミュレーションをしてみると、20年間運用すれば、2000万円ほどになる可能性があります。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)