オワコンとされた旧メディアが、 「他人のフンドシでメシを食う」と ネットメディアをディスるのは 負け犬の遠吠えか?

オワコンとされた旧メディアが、 「他人のフンドシでメシを食う」と ネットメディアをディスるのは 負け犬の遠吠えか?

オワコンとされた旧メディアが、 「他人のフンドシでメシを食う」と ネットメディアをディスるのは 負け犬の遠吠えか?の画像

超金融緩和がもたらすカネ余りを背景に、巨額の投資マネーが怪しげな企業に流れ込む。フェイクで強欲な奴らがバブル再来を謳歌する一方、貧困層は増大し、経済格差は広がるばかり。そのうえ忖度独裁国家と化したこの国では、大企業や権力者の不正にも捜査のメスが入らない──。
そんな日本のゆがんだ現状に鉄槌を下す、痛快経済エンターテインメント小説が誕生! その名も『特捜投資家』。特別にその本文の一部を公開します!

第3章 傲慢な投資家(6)

 ***

「実際の勤務は午前5時起床、6時、コンビニで買ったサンドイッチを食いながら電車と徒歩の警察幹部宅への朝駆けから始まります。午前8時、社に上がり、夕刊記事の執筆。原稿はデスクの容赦ないダメ出しと追加取材が入り、ヒーヒー言いながら書き直し。昼飯は5分で立ち食いソバをかっこみ、午後はヤクザと見紛う強面刑事に怒鳴られながら凶悪事件の取材と、朝刊用の記事執筆です」

 分刻みで複数の仕事をこなした、あの激務の日々が甦る。

「夜は前科者のネタ元とメシ。もちろん自腹。別れ際、渡す小遣いも自腹。午後10時、警察幹部宅の夜回りの途中、スマホで朝刊記事のゲラを確認し、デスクに取材の進捗状況の報告。ここでデスクからきびしいつっこみをいくつも食らい、ドツボに。先輩に誘われ、仕事と安月給の愚痴をこぼしながら一杯やって午前2時、泥のように疲れ切った身体を引きずり、帰宅。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)