小池百合子都知事が東京都にもたらした「7つの悪政」、都庁元幹部が激白!

小池百合子都知事が東京都にもたらした「7つの悪政」、都庁元幹部が激白!

小池知事の"7つの悪政"激白

小池百合子都知事が東京都にもたらした「7つの悪政」、都庁元幹部が激白!

Photo:YOSHIKAZU TSUNO/gettyimages

小池百合子東京都知事が就任して5年。小池知事に、築地市場移転問題の担当次長に抜擢されるも、その内実や政治手法に嫌気がさした元都庁幹部が、著書『ハダカの東京都庁』(文藝春秋)を6月に出版した。内部に精通した元幹部だから知っている、小池知事の「7つの悪政」プラス1をお伝えする。(元東京都選挙管理委員会事務局長 澤 章)

■政敵とのバトルに大忙しの小池知事端から見れば滑稽千万、笑うしかない

 この度、東京都庁や小池百合子都知事の内実を記した著書『ハダカの東京都庁』(文藝春秋)を上梓した。いかにも下心をくすぐるような題名で恐縮だが、中身は至って真面目な、都庁に関する暴露本である(笑)。

 タイトル原案には、当初、冒頭に「お笑い」の3文字が入っていた。つまり、「お笑いハダカの東京都庁」とするはずだったのだ。著者が若い頃、テリー伊藤氏の『お笑い北朝鮮』や『お笑い革命日本共産党』をゲラゲラ笑いながら読んだときの感覚で執筆しようと思ったからである。

 だが、書き進むうちに、どうしてもシリアスな部分にも触れざるを得なかった。結局、タイトルからは「お笑い」を外したが、外部からうかがい知れない巨大組織の実態を明らかにするには、笑いというスパイスを欠かすことはできない。

 特に、小池知事のやっていることの大半は、もっともらしい理屈を付けてはいるが、そのほとんどが、自己保身と自己顕示の塊のようなものだといえる。ご本人は日々、政治という名の“戦場”でサバイバルゲームにいそしんでいるのだろうが、端から見れば滑稽千万、笑うしかない。

 以下、8つの切り口で小池知事の悪政ぶりを笑い倒してみたいので、しばしお付き合いいただきたい。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)