蒙古タンメン中本と小林礼奈の騒動 白根誠社長の対応に「最悪」との指摘も

蒙古タンメン中本と小林礼奈の騒動 白根誠社長の対応に「最悪」との指摘も

記事まとめ

  • 小林礼奈が蒙古タンメン中本で食事をした際の出来事をブログに綴り炎上した
  • 小林に批判が集まったが、蒙古タンメン中本にもクレームが入ったという
  • 白根誠社長がHPでその時の状況を説明したが、この対応は「最悪」だったとの指摘も

蒙古タンメン中本の退店騒動に見る、社長対応の「ありえない」問題点

蒙古タンメン中本の退店騒動に見る、社長対応の「ありえない」問題点

写真はイメージです Photo:PIXTA

■経営者の力量は不祥事の際に露呈する

本来、企業の不祥事というものは、すぐに過ちを認めて頭を下げれば収束に向かうものです。もちろんある程度時間はかかりますが、企業トップがきちんと対応していれば長く続く傷は残らない。しかし、経営者はついつい逆をやってしまう。蒙古タンメン中本の白根誠社長の対応は「最悪」ではないでしょうか。

 先日、タレントの小林礼奈さんが、蒙古タンメン中本で食事をした際に席が空くのを待っている客と店員それぞれから退席をせかされたとして自身のブログに投稿したところ、小林さんのブログが炎上しました。どうやらタレントの小林さんには一定数のアンチの人たちがいるようで、小林さんの側にも非があるのではと臆測して小林さん批判に至ったようです。

 一方で、蒙古タンメン中本にもクレームが入ったようです。そして6月9日、「蒙古タンメン中本」の白根誠社長が、公式ホームページで以下のように、その時の状況を説明したのです。

 実は、この白根社長の発信した文章はちょっとわかりにくい記述になっています。私自身、何度も読み直して確認をしました。私が理解した範囲でまとめると、お店の店員が小林さんのグループの食事が終わったと勘違いして、「すみません。お待ちのお客様がいらっしゃいますので、もしよろしければ、お席の方よろしいですか?」と声をかけてしまった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)