高まる中国アレルギー、「のんびり日本」がビジネスチャンスを逃す理由

高まる中国アレルギー、「のんびり日本」がビジネスチャンスを逃す理由

日中経済協会専務理事・杉田定大氏

さかのぼること2018年秋、日中首脳会談で両国は「競争から協調へ」と新たな時代のパートナーシップを確認し合った。あれからわずか2年半、コロナ禍において日中関係はまたしても視界不良の霧に覆われている。日中経済協会は日本と中国が国交を結んだ1972年に発足し、その後長年にわたり日本企業の対中ビジネスを支援してきた。米中対立に影響され日中関係も大きく変化する中、同協会専務理事の杉田定大氏は「ビジネスチャンスを逃さないでほしい」と話す。(聞き手/ジャーナリスト 姫田小夏)

■日本全体で高まる「中国アレルギー」大きなビジネスを逃す恐れ

――改善に向かい始めた日中関係も振り出しに戻りました。

杉田定大氏(以下、杉田) 2018年秋、日中関係が改善に向かう局面において、私ども日中経済協会も訪中しました。天安門広場には日本の日の丸と中国の五星紅旗(ごせいこうき)がはためき、ようやくここまで戻ってきたか、という気持ちでした。私は2016年に日中経済協会に着任し、北京との往来を繰り返しましたが、当時中国政府側は「米国は日本よりもいい国だ」とさえ言っており、それがこのような変局を迎えるとは夢にも思いませんでした。

 転換点は、中国による香港への政治介入です。国家安全維持法の制定を契機に中国に対する国際社会の見方が変わりました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)

×