3000円超で20万部! 高額でもやたら売れる異例ベストセラーに隠された「デザインの秘密」ベスト5

3000円超で20万部! 高額でもやたら売れる異例ベストセラーに隠された「デザインの秘密」ベスト5

3000円超で20万部! 高額でもやたら売れる異例ベストセラーに隠された「デザインの秘密」ベスト5の画像

『独学大全──絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』が、20万部を突破。分厚い788ページ、価格は税込3000円超、著者は正体を明かしていない「読書猿」……発売直後は多くの書店で完売が続出するという、異例づくしのヒットとなった。なぜ、本書はこれほど多くの人をひきつけているのか。この本を推してくれたキーパーソンへのインタビューで、その裏側に迫る。
今回インタビューしたのは、『独学大全』のブックデザインを手がけたセプテンバーカウボーイの吉岡秀典さん。必ず原稿を読んでからデザインを考えるという吉岡さんに、制作の裏側を聞いた。(取材・構成/編集部)

■5位:なぜカバーは「黒い」のか?

――『独学大全』がベストセラーになった要因のひとつが装丁のインパクトだと思っているのですが、「どうしてあの装丁なんですか?」「なぜ、カバーは黒にしたんですか? もっとシンプルに、白い紙にに黒文字とかの方が王道では」など、デザインに関する質問をよく受けるんです。

吉岡秀典さん(以下、吉岡) えっ、白い紙に黒文字ですか! それは1ミリたりとも考えませんでしたねーっ(笑)。

 自分は仕事で「カバーのみ」を単体でデザインすることはほとんどないんです。編集さんにご相談して、1冊丸ごとの「造本設計」をさせてもらうようにしています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)