中国共産党100周年式典で露呈した「習近平が毛沢東になりきれない理由」

中国共産党100周年式典で露呈した「習近平が毛沢東になりきれない理由」

Photo:Kevin Frayer/gettyimages

7月1日、中国共産党創立100周年の祝賀行事が行われた。7万人が動員された天安門広場を見下ろして、習近平国家主席は楼上で1時間超にわたる演説を行った。「マスゲーム」的な演出は、世界に求心力を誇示するかのようだった。習近平氏は、建国の父として神格化された毛沢東に自らを重ねているといわれるが、この祝賀行事で明らかになったのは、むしろ中国の国家指導者としてのカリスマ性の低下だった。(ジャーナリスト 姫田小夏)

■100万人が集まることができる天安門広場今回の式典は「異例」だった!?

 7月1日の祝賀行事で習近平国家主席は、毛沢東(1893〜1976年)をイメージさせるマオカラー(立襟)の人民服に身を包み60分余の演説を行った。1949年の建国宣言で、毛沢東も天安門の楼上から演説したが、同じようにして習氏がこの楼上から演説をしたことは「毛沢東の後継者を誇示する意図がある」ともいわれている。

 中国の国民もまた、習氏を毛沢東に重ねている。

 集団指導体制を標榜した胡錦涛時代(2002〜2012年)とは打って変わって、国民に対する抑圧的、監視的な統治スタイルを導入するなど、習氏の政策の随所に、毛沢東のような“絶対的カリスマ指導者”になろうとする試みが見られるためだ。中国現代政治の専門家である愛知大学名誉教授の加々美光行氏も「習氏は明らかに毛沢東を意識している」と話す。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)