中国政府の国内巨大IT規制強化は「第3次天安門事件」だ

中国政府の国内巨大IT規制強化は「第3次天安門事件」だ

写真はイメージです Photo:PIXTA

中国でアリババ集団などの大手IT企業に対する規制が強まっており、株価が急落している。

 これによってIT企業の資金調達が難しくなって技術開発が遅れるので、中国の経済発展には明らかにマイナスだ。

 それにもかかわらず中国共産党が規制を強化するのはなぜなのか?

「いま起きているのが第3次天安門事件だ」と考えると、理解できる。

■IT企業の好業績が常識だったが中国で起きている“地殻変動”

「コロナ下でIT企業の利益が増加している」。昨年の秋頃まではこれが世界の常識だったが、違ってきているようだ。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)