「そもそも、働きたくない」と思いながら就活している人が考えるべきこと

「そもそも、働きたくない」と思いながら就活している人が考えるべきこと

Photo: Adobe Stock

就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として
13年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。
ただ内定をとるためだけではなく、「心から納得のいく進路が見つかる」「本当にやりたい仕事がわかる(やりたいことに気づける)」「自分らしく働ける会社と出合える」「入社してから『こんなはずじゃなかった』と後悔しない」ための1冊であることが大きな特徴だ。
これまで9800人以上に就職・転職指導をし、その第一志望内定率が93%というキャリアデザインスクール「我究館」がもつノウハウがこのシリーズには詰まっている。
コロナ禍で価値観が大きく変わるなか、会社選びも大きく変わってきている。
自分らしい働き方とは、生き方とは…、
今、じっくり自分と向き合う時間を『絶対内定』と過ごす就活生が増えている。
「そもそも、働きたくない」と思いながらなんとなく就活をはじめ、悩む学生は多いという。今回はそういった学生がまず考えるべきことについて我究館館長の藤本健司氏に聞いた。
(構成/藤本健司、ダイヤモンド社・朝倉陸矢)

■就職は「ハッピーな人生」の選択肢の一つにすぎない

「大学を卒業するから就職する」
「ほかにすることがないから就職する」
「自分で稼がなければいけないから仕方なく就職する」

そういう考え方に僕は大いに疑問がある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)