ビズリーチ、調べ抜いて見つけ出した「テレビCMの成功パターン」

ビズリーチ、調べ抜いて見つけ出した「テレビCMの成功パターン」

現在放映中のビズリーチが提供するサービス「ハーモス」のテレビCM

転職サイト「ビズリーチ」などを運営する巨大スタートアップ、ビジョナル。『突き抜けるまで問い続けろ』では創業後の挫折と奮闘、急成長を描いています。「ビズリーチ」を一躍有名にしたのがテレビCMです。女性が人差し指を立てて「ビズリーーーーチ!」と言うシーンを記憶している人も多いでしょう。印象的なCMですが、実はこれは同社が窮地に追い込まれた時の一手として考え出されたものでした。テレビCMへの挑戦を決めた彼らは「CMの成功パターン」を模索し始めました。『突き抜けるまで問い続けろ』第五章を一部編集して公開します。(本文は敬称略)

■CM誕生秘話01回目?「ビズリーチのテレビCM、窮地に追い込まれて打った最後の大勝負だった」

(前回のあらすじ)窮地に追い込まれた2014年〜2015年ごろのビズリーチ。狙い通りの成果が出せず企業体力は削られていった。危機的な状況に直面したとき、ある事業の売却によって同社に大金が転がり込んできた。振って湧いた恵の雨を、ビズリーチ創業者の南壮一郎はテレビCMに投入すると決断した。最初で最後の大勝負に乗り出した。

■CMの成功パターンを探せ

 南は再び、課題のセンターピンを立てることから始めた。

 探ったのは、「CMの成功確度を高めるカギは何か」という点だ。定石通り、徹底的な調査に乗り出した。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)