土地も資源もない日本がとるべき「サバイバル戦略」とは?

土地も資源もない日本がとるべき「サバイバル戦略」とは?

Photo: Adobe Stock

世界の「今」と「未来」が数字でわかる。印象に騙されないための「データと視点」
人口問題、SDGs、資源戦争、貧困、教育――。膨大な統計データから「経済の真実」に迫る! データを解きほぐし、「なぜ?」を突き詰め、世界のあり方を理解する。
書き手は、「東大地理」を教える代ゼミのカリスマ講師、宮路秀作氏。日本地理学会の企画専門委員としても活動している。『経済は統計から学べ!』を出版し(6月30日刊行)、「人口・資源・貿易・工業・農林水産業・環境」という6つの視点から、世界の「今」と「未来」をつかむ「土台としての統計データ」をわかりやすく解説している。

■資源小国、日本の生存戦略とは?

 世界に存在する土地と資源には限りがあります。人口増加や経済発展にしたがって増えることはありません。だからこそ争奪戦が繰り広げられるのです。

 日本は資源小国であり、自給できると考えられるのは硫黄と石灰くらいです。これだけで工業製品を作るのは不可能です。そのため鉄鉱石や石炭、石油、天然ガスなどの原燃料をほぼ輸入でまかなっています。

 鉄鉱石はオーストラリアやブラジル。

 石炭はオーストラリアやインドネシア、カナダ。

 石油はサウジアラビアやアラブ首長国連邦、クウェート、カタールといった中東の産油国。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)