ポルシェ718ボクスター、このクルマには「ポルシェに期待するすべて」がある【試乗記】

ポルシェ718ボクスター、このクルマには「ポルシェに期待するすべて」がある【試乗記】

ポルシェ718ボクスターGTS4.0 ポルシェのモータースポーツ部門が開発した4Lフラット6(400ps/420Nm)を搭載したMRオープン 0→100km/h加速は4.5秒でクリア 最高速度293km/h パワーウェイトレシオ:3.60kg/ps 価格:6MT 1152万円/7DCT 1207万2000円 Photo by Akihiko Kokubo

■GTS4.0はすべてのスポーツカーファンの憧れ

 いまどき自然吸気4Lエンジンといえば、時代に逆行する存在である。一般的なサルーンに積まれても注目はされない。

 ところが、名門ブランドのミッドシップスポーツが搭載したとなれば、クルマ好きの心をときめかせる選択肢となる。

 718ボクスター(そしてケイマン)に用意されたGTS4.0は、すべてのスポーツカーファンの憧れだ。4Lエンジンは効率を重視した最新設計の9A2型。走行1km当たりのCO2排出量を最大11g削減する気筒休止システムが導入され、従来の2.5Lターボよりも優秀な9.26km/Lという欧州NEDCコンビ燃費を実現した。最高出力は従来のGTSを35ps上回る400ps、最大トルクは420Nmをマークする。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)