【不動産投資こそFIREへの近道】 物件の階数は何階までがよい?

【不動産投資こそFIREへの近道】 物件の階数は何階までがよい?

Photo: Adobe Stock

株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した地元を自分の力で再生するための資金作りだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。

■入居者像を明確にしてコスト高のエレベーター付き物件を避ける

エリアについては当初、地元であり勤務地だった愛知県内を第一希望にしていましたが、「自分が電車などの公共交通機関で現地に行ける範囲の物件であればよし!」として、その後は東京や千葉の物件も買いました。

これからは他の地方にも手を広げていくかもしれませんが、その場合は全国に20市ある「政令指定都市」を目安にします。最寄り駅は、特急や快速が止まる駅が理想ですが、そこから1駅か2駅くらい離れていても許容範囲にします。

単身者向け・ファミリー向けの違いも大切なポイントです。

私自身は、20〜40代の単身者か単身赴任の「男性」をメインの入居者として想定しています。女性向けは「オートロック完備」などセキュリティが充実している物件のニーズが高いため、不動産の価格帯が一気に跳ね上がるからです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)