【マンガ】30歳「会社のお荷物になる人」と「向いている仕事を見つけられる人」の差

【マンガ】30歳「会社のお荷物になる人」と「向いている仕事を見つけられる人」の差

【マンガ】30歳「会社のお荷物になる人」と「向いている仕事を見つけられる人」の差の画像

20万部のベストセラー待望のマンガ版『マンガ このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』が発売された。前作で「転職は悪」という風潮に一石を投じ、日本人の働き方を変えた北野唯我氏が、今回は「自分にはキャリアの武器が何もない」と思っている主人公の奈美(もうすぐ30歳)の悩みに答えを出す。「やりたいことがなければダメ」「S級人材以外は有利な転職は無理」など転職の常識が次々と覆される。この連載では、本書から特別に一部を抜粋して紹介する。
(シナリオ:星井博文、マンガ:松枝尚嗣)

(※この記事は、『マンガ このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』からの抜粋です。)

1

関連記事(外部サイト)