コロナが猛威、感染・休職!必ず確認すべき「健康保険・労災でもらえるおカネ」

コロナが猛威、感染・休職!必ず確認すべき「健康保険・労災でもらえるおカネ」

Photo:PIXTA

デルタ株猛威でいつコロナに感染してもおかしくない状態になってきた。いざ感染したときに気になるのが休職中の生活費の問題だ。だが、健康保険・雇用保険加入者にはコロナ感染の場合にも給与の補償などさまざまな手当がある。連載『知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴』の第226回では、コロナに感染した場合に必ず押さえておくべき、健保・労災のさまざまな支援制度についてまとめた。(フリーライター 早川幸子)

■コロナ感染爆発で再確認しておきたい新型コロナになったらもらえるお金

 日本列島に、新型コロナウイルス感染症の第5波が襲来している。

 7月29日、日本国内における1日あたりの新規陽性者数が1万693人となり、初めて1万人を超えた。その後も、4日連続で1万人超を記録。今年1月の第3波を大きく上回って、感染者が急増している。

 感染急拡大の要因のひとつに挙げられているのが、変異株ウイルスだ。東京都健康安全研究センターのスクリーニングでは、7月19〜25日の検査結果は53.1%がインド由来のデルタ型変異ウイルスとなっている。

 国立感染症研究所の「感染・伝播性の増加や高原性の変化が懸念されている新型コロナウイルス(SARS-Cov-2)の新規変異株について(第10報)」によると、デルタ型は、変異していないウイルスよりも、感染・伝播性が97%増加していると推定されている。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)