【怒りや不安などの感情に振り回されないために】自分を俯瞰的に見るための3つの方法

【怒りや不安などの感情に振り回されないために】自分を俯瞰的に見るための3つの方法

【怒りや不安などの感情に振り回されないために】自分を俯瞰的に見るための3つの方法の画像

ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE? (ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となっており、日本でも発刊されてたちまち5万部を突破。朝日新聞(2021/5/15)、読売新聞(2021/5/3)、週刊文春(2021/5/27号)と書評が相次ぐ話題作となっている。
本書の発刊を記念して、訳者竹内薫氏と高橋祥子氏(株式会社ジーンクエスト 代表取締役)の対談が実現した。『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』について、また、孫泰蔵氏(起業家)、中野信子氏(脳科学者、医学博士)、竹内薫氏から絶賛されている高橋祥子の最新作『ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考』の読みどころや魅力について、そして「生命科学的思考を身につけるために大切なこと」について、お二人に語ってもらった。(取材・構成/田畑博文)

■生命科学と哲学

竹内薫(以下、竹内) 高橋さんのご著書『ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考』は非常に構造的な本で、目次を見るだけで何を伝えようとされているのかがよくわかりました。また、「世界をどうとらえるか」「人間はどう生きるべきか」といった哲学的な視点が入っている印象を受けました。哲学書はかなりお読みになりますか。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)