炎症性腸疾患と食事の関係、加糖飲料などの「超」加工食よりも植物性食品を

炎症性腸疾患と食事の関係、加糖飲料などの「超」加工食よりも植物性食品を

Photo:PIXTA

潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患(IBD)は、自己免疫疾患の一つで下痢や腹痛、血便などが生じる。欧米に多い病気だが、今世紀に入りアジア諸国で増加中だ。

 以前から食習慣との関連が指摘されており、近年は一歩進んで抗炎症に働く腸内細菌叢を養う食事療法が注目されている。

 オランダの研究グループは、同国在住のIBD患者331人と、過敏性腸症候群の223人を含む一般人1094人の糞便(腸内細菌が含まれている)を採取し、腸内細菌の種類を特定。対象者の食事パターンと腸内細菌の種類との関係を調べた。

 その結果、抗炎症作用を持つ2種類の「善玉菌」は、果物や赤ワイン、魚、植物性タンパク質、チーズの摂取に従って増える一方、加糖飲料やスイーツ、脂質、動物性タンパク質の摂取によって減少することが示された。

 一方、腸管の粘膜を壊す「悪玉菌」は動物性タンパク質の摂取で増加。さらに脂質の多いファストフード(フライドポテトや肉、マヨネーズなど)や加糖飲料が増えるに従って腸の炎症を表す検査値が悪化することもわかった。

 加糖飲料などの「超」加工食については、世界21カ国が参加する「PURE」試験でもリスクが指摘されている。約11万6000人が参加した調査で、中央値9・7年の追跡期間中に467人がIBDを発症した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)