上海に3つ目の大型空港が誕生!?建設地・南通をめぐる中国国内の陣取り合戦

上海に3つ目の大型空港が誕生!?建設地・南通をめぐる中国国内の陣取り合戦

上海虹橋国際空港へ着陸する飛行機 Photo:PIXTA

■上海に三つ目の大型空港が生まれる

 日本では、新型コロナウイルス感染拡大、倒産や解雇、さらには「硫酸事件」など悶々とするようなニュースが多いが、中国からすごく景気のいい話が飛び込んだ。

 上海で、上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港に次ぐ、3番目の大型空港の建設が動き出したのだ。上海の第3の空港は上海にあるのではなく、長江を渡って江蘇省南通市に建設する。「上海南通国際空港」と呼ぶメディアもあるが、正式名が決まるまでには、もうすこし時間がかかりそうだ。現在のところ、「南通新空港」と呼んでいる人が多い。

 しかし、その規模はすごい。空港の開発企画によれば、空港の敷地面積は20平方キロメートル、2本の滑走路、ボーディングブリッジ70本ほどを建設し、そのうち10〜12本は大型機向きで、特殊構造を持つ。投資総額は500億元(約8476億円)の予定だ。

 ICAO(国際民間航空機関)が定める基準コード「4F」クラスの空港として建設され、第1フェーズでは、年間利用旅客数が4900万人。将来の目標は年間利用旅客数が9000万人とし、長江デルタでは上海浦東国際空港に次いで2位の規模になるが、「極東のアトランタ国際空港」を目指すという。

続きはダイヤモンド・オンラインで
(会員登録が必要な場合があります)

1

関連記事(外部サイト)