先進工業国は、先進農業国でもある。「工業・農業」の意外なつながり

先進工業国は、先進農業国でもある。「工業・農業」の意外なつながり

Photo: Adobe Stock

世界の「今」と「未来」が数字でわかる。印象に騙されないための「データと視点」
人口問題、SDGs、資源戦争、貧困、教育――。膨大な統計データから「経済の真実」に迫る! データを解きほぐし、「なぜ?」を突き詰め、世界のあり方を理解する。
書き手は、「東大地理」を教える代ゼミのカリスマ講師、宮路秀作氏。日本地理学会の企画専門委員としても活動している。『経済は統計から学べ!』を出版し、「人口・資源・貿易・工業・農林水産業・環境」という6つの視点から、世界の「今」と「未来」をつかむ「土台としての統計データ」をわかりやすく解説している。

■工業と農業の意外な関係とは?

 人類が初めて農業を行ったのは、メソポタミア地方だったと考えられています。今から約1万年前に最終氷期が終了したことで、地球が温暖化し、農業活動が可能となりました。最初に作られたのは小麦だったと考えられています。

 農業が始まったことで、獲得経済期では不安定だった食料供給量が安定しました。そして世界の人口は増加の一途をたどります。約1万年前、およそ500万人だった世界の人口は、西暦元年頃には2億5000万人にまで増加したと考えられています。食料供給量の安定が、いかに人口増加に影響を与えたかがわかります。

 機械がなかった頃、農業は人間の手によって行われるものでした。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)